DIYにはまっている![自転車用トレーラー編]


DIYにはまっている!

これまで、
1、DIY在庫棚
2、DIY中2階
を高速で作ってきて、思いを形にしたことで、
更に作業効率が良くなり、仕事がしやすくなった。

大変、満足している。

ただ、商品を輸送するときに、どうしても、大量の
商品を発送しないといけない日がある。

連休明け、週末明けの日だ。

その日は、わざわざ中国から仕入れたド迫力サイズのバッグが
あるのだが、それでも、大きさが足りないことがある。

身長160センチの人がスッポリ入るほどのド迫力サイズのバッグ
でも大きさが足りないのだ。。

そういう日は、とにかく、納品に焦る。。

ならば!得意の思いを形にしてしまえ!
ということで、納品に自転車を使っているのだが、
交通安全ルールを守る必要があるので、ネットで調べ上げ、
それに準じたDIYトレーラーを作ったのだ。

自転車のDIYトレーラーだが、
安全面を十分考慮して、交通安全ルールを厳守した上で、
折りたたみキャリーカートを購入し、そのハンドルに
さらに収納力をアップさせるために、塩ビパイプを購入し、
L字塩ビパイプを使ってハンドルをさらに伸ばした。

自転車との連結は、登山用の頑丈なカラビナを2個使い、
自転車の後輪カバーの使用上問題ない箇所に取り付けた。

即席のDIYトレーラーの長いハンドルの両端に、カラビナを
連結できるようにほどこし、これで、それなりの角度で
運転しても、DIYトレーラーがひっくり返らないようにした。

警察にも、確認をしてもらったが、
呼び止められることはあるかもしれないが、ゆっくりした
速度で十分周囲に気をつけて運転するなら、交通安全上の
ルールは問題はない。と確認済み。

いざ、試運転にて、上記のド迫力サイズのバッグと、
ギター1本(ケースに入れて梱包済み)を乗せて、おまけに
80サイズのダンボールを乗せ、納品場所近くまで、安全に
ゆっくりと運転してみる。

もちろん、人通りがないような小さな裏道を選んでいるので、
車も人もほとんど通らない場所を通っている。

結果、とても仕事が楽になって、これも思いを形に出来て
満足したDIYとなった。

ずっと、このDIYトレーラーを使っているが、
今のところ、人目は惹くが、警察には呼び止められることは
一切ない。

2回、3回と納品のための往復をしている時間などあるはずが
ないので、、本当に、この自転車用のDIYトレーラーは、
仕事上、助かっている!





Copyright © 2018 しんの趣味日記 All Rights Reserved.